バーチャルオフィスってどういうもの?

バーチャルオフィスとは、事務所をもたないで、住所や電話番号などだけをレンタルできるサービスです。事務所を持たないところがレンタルオフィスとは違うところです。例えば、東京の一等地に法人登記をしたい場合など、実際に事務所を構えてなくても登記することができます。

バーチャルオフィスならオフィスがなくても郵便物や電話が届く

男女

バーチャルオフィスのメリット

法人設立した直後や開業したばかりの時期はまだ取引先も少なく、来客も少ないのが現状でしょう。そのため、無理に事務所のレンタルをしなくてもいいようにバーチャルオフィスのレンタルを検討してみたらいかがでしょうか。バーチャルオフィスをレンタルするメリットには、まずは費用が安価であることが挙げられます。レンタルオフィスに比べると、家賃や光熱費や人件費などの費用が削減できます。また、顧客からの信用につながる住所を、実際に事務所がなくても東京都心などに設定できることです。

会社

費用の相場

バーチャルオフィスをレンタルするための費用は、実際の事務所をレンタルするよりは安く済みますが、レンタルする地区によって相場が大きく違ってきます。まず一番高いのが、東京23区内の山手線沿線です。レンタルする業者によっても違うのですが月額20,000円前後になるでしょう。次に高いのが山手線外の東京23区内です。また、東京都でも23区外であれば、相場はかなり下がって月額10,000円前後になります。東京都以外では、需要の多い大阪や名古屋などの大都市圏には物件はあります。しかし、需要の少ない都市には、物件自体があまり無いのが現状です。

男性

バーチャルオフィスのサービス

バーチャルオフィスには、バーチャルオフィスの専用の業者と、レンタルオフィスを兼ねて運営している業者があります。レンタルオフィスを兼ねて運営している業者であれば、電話専用の秘書が電話を取りついで転送を行う電話秘書代行のサービスを行っている所もあります。また、郵便物が住所に届くたびに転送する、郵便物転送サービスを行っている所もあるのです。さらにイベントやセミナー、研修などで必要時だけ会議室をレンタルできるレンタル会議室のサービスを行っている所もあります。

オフィス

利用する際の注意点

バーチャルオフィスは、費用がかからず東京都心の一等地などの住所が持てるので、いいことだらけのように見えます。しかし、実際は利用する時に注意をしなければいけないこともいろいろあるのです。まずは、銀行の法人口座が開設できない場合があります。また、社会保険や雇用保険の申請も難しいと考えていいでしょう。さらに、種類によっては許認可が取得できない可能性があります。そのため、大きく仕事をしようと考えている所は、バーチャルオフィスをレンタルするよりもレンタルオフィスや賃貸事務所の方が良いでしょう。賃貸事務所であればそこで実際に働くことができる他、会議室なども設けやすいと言えます。取引先の方が訪問した際にも困ることがないですし、信頼性も得やすいと言えるでしょう。初期費用が高い部分が難点ですが、これからの経営を考えていくと賃貸事務所を利用するのも良いと考えられます。

賃貸オフィス探しを進めよう

広告募集中